あなたの会社“箱入り娘”になっていませんか?

ここ数年で“女性活用”という言葉がニュースや新聞などで

よく見かけるようになりましたね。


人材不足の昨今で最も鍵を握るのが女性活用だと私は考えております。

多分ほとんどの企業の人事担当者様は取り組んでいる、

または取り組もうと考えていると思います。





しかし女性を雇用できたのはいいが、

「優秀な人材が辞めてしまう」

そんなことになっていませんか?


そんなことが起きている企業様はもしかすると

“箱入り娘”になっているかもしれません。


「お子さんがいる女性に対して、過剰な配慮をしてしまう」

「子育てと管理職を両立したい人に向けた制度がない」

その二つが原因で女性の昇進意欲が低くなってしまっております。


決して女性が働きやすい環境や制度を作ることは悪いことではありません。

しかし、女性活用の本当の目的としては女性を雇用し、

男性よりも能力のある人材を見出し、

優秀な人材の不足に歯止めをかけるためだと考えております。


そのため上記のような“箱入り娘”になってしまうと

「多くのメリットが受けられるのであれば今のままで結構」

「あえて管理職を目指す必要がない」と思われてしまうケースが多いです。


上記のようなケースの場合に有効な手立ては2つございます。

まずはお子さんがいる女性にも

難易度の高い仕事を任せ、成功も失敗も経験させてください。


その結果、管理職に必要な知識・経験をつけることが可能です。

そして育児の支援制度の見直しです。


昇進意欲の高い女性は産前産後休暇のような

長期休みを避ける傾向があります。

なので例えば、育児休暇を短くし、

その代わりベビーシッター代の支給や

提携している託児所があると最適でしょう。

※ちなみに弊社では託児が出来ます。


これらはお子さんがいる女性だけではなく

女性社員全員にアピールできるポイントになります。


このような待遇は昇進意欲の高い女性はもちろんのこと

意欲のない方にとってもメリットになるでしょう。


もし女性活用でお困りの方は株式会社アスティまでご連絡ください。

info@asty-inc.com

12回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン