ドライバーを採用していくために必要なこと〜自社の当たり前は、当たり前じゃない〜

以前の記事でドライバーの人材不足の理由について触れたので

今回はそのドライバーを採用するために必要なことについてお話します。





以前の記事で簡単に触れた“ターゲットの明確化“が重要になります。

これは大きく分けて2つのターゲットになります。


まず一つ目が未経験や若年層をターゲットにします。

この層に関しては学歴など経験に関して触れるのではなく、

ドライバーの仕事内容について触れてあげましょう。

一日の流れから、専門用語の解説などを簡単に触れてください。

まずはドライバーがどういう仕事なのか。

そこに重点をおいてください。


例えば普通免許の法改正による平成29年以前や平成19年で

運転できるサイズが変わりましたよね?

その免許の種類による仕事内容の違いなど。

そこを噛み砕いて伝えてください。


一般的にドライバーに限らず、仕事内容は認識に誤差があります。

マイナスなイメージを払拭できるように心がけましょう。


次に経験者などの即戦力をターゲットにします。

この層は仕事内容に関してはほぼ認識の誤差はないでしょう。

だからこそ、収入例や配送ルート、待遇などを具体的に書きましょう。


例えば家族手当や勤務時間を考慮した勤務体系など。

自社の強みを押し出していきましょう。


上記で挙げた二つのターゲット設定はどの職種にも使えます。

そこから更にターゲットの細分化をし、ターゲットに合った内容にしましょう。

“自社の当たり前は、当たり前じゃない”

このことを意識やりましょう。


もしわからない場合は外部の方に聞きましょう。

それが一番簡単で、生の声です。


そしてその後私がオススメするのは3C分析をすることです。

3C分析をすることにより、自社の強みなども分かってきます。


もし自社の分析でお困りの際はアスティまでご相談ください。

info@asty-inc.com

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン