企業の人材はある一定数を循環させた方がいい

人を辞めさせず、定年までいてもらう。

とても大切ですよね。


私自身も以前の記事で触れたように人の定着は

会社成長の鍵を握っていると考えております。





ではなぜ、このような題名の記事なのか。

それは退職する理由が違うからです。


「独立やキャリアアップをするために退職」

「労働環境や人間関係が原因で退職」

同じ退職でも全く違いますよね。


多くの人材を輩出しているリクルートさんでは

独立やキャリアアップ、そしてヘッドハンティングによる転職が多いと聞きます。


多分それには理由があります。

リクルートさんには以前から

「お前はどうしたいの?」という言葉がよく使われます。


新卒関係なしに言われます。

自分で考え、自分の意見を隠すことが悪とされているからこそ

リクルート出身の方は優秀な方が多いのかもしれませんね。


そしてこれはトヨタさんでもそうらしいのですが、

「なぜ?」が5回繰り返されるとのことです。

リクルートさんの場合は、「なんで?」が何回も繰り返されます。


しかし掘り下げることによって

その意見の本気度がどんなものなのかは伝わります。

そこまで考えて意見しないと上は途中で離席してしまいます


リクルートさんはそのように人を循環させて

常に新しい風を取り入れ、そして循環させる。


弊社でも前向きな退社をしてほしいと常に考えております。

独立支援もしていますし、ノウハウもお伝えできます。

代表も私も全くの未経験の業界で一から始めていますので

何かお力になれることは間違いないです。

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン