“働き方改革“〜オランダの働き方〜

オランダは年間平均労働時間が世界で最も短い国として有名です。

多様な働き方ができるオランダだからこそ

「世界一子供が幸せな国」と言われております。





労働者一人当たりの労働時間を減らす、ワークシェアリングの考えが

古い時代から浸透しているオランダ。

だからこそ週休3日で働いたり、短時間勤務ができます。


なぜそんな働き方ができるのか?

それは労働者が法律で守られているからです。

例えば、産前産後休暇はもちろんのこと、

養子縁組をする際に4週間休みが取れる養子休暇や

育児休暇として子供が8歳になるまで

週の労働時間の26倍の期間の休暇がもらえたりと

子供との時間を作るための休暇がとても多いです。


そしてこれは法律で定められいるた

“働き方改革“〜オランダと日本の違い〜め、

雇用者は拒否することが出来ません。


このような法律が決まっているからこそ、

「世界一子供が幸せな国」と言われる所以とも言えるでしょう。


その子供は両親と過ごす時間が長かったことが当たり前のため

自分の子供にもそうすることが当たり前になっています。

結果、その子供が大人になっても子供に時間が使えるのです。


オランダはその休暇制度とは別に

パートタイム労働が当たり前になっており、

日本と違い、パートタイムと正社員の賃金格差がありません。

その結果、仕事と育児の両立ができていると思われます。


日本の年間労働時間が1,714時間に対してオランダは1,378時間。

年間で336時間の差が出ます。

これは休みで言うと年間14日も休みが違います。


じゃその代わり年収が安くなるんじゃないの?

と思われる方がいらっしゃると思います。


日本の平均年収が456万円に対して

オランダは727万円となっております。


ここでの開きは271万円となっております。


生産性の高さも日本とは異なります。

素晴らしいですよね。


弊社もまだまだベンチャーで人手不足ではありますが、

1年〜2年後には週休3日制を目指しております。

そのために現在、進めている制度等もございます。


もし、詳しく話が聞きたい方いらっしゃいましたら

info@asty-inc.comまでご連絡ください。

0回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン