優秀な社員ほど辞めていってしまう企業の特徴

優秀な人材を採用できたのも関わらず

3年以内に辞めていってしまう。


そんなこと起きていませんか?

実際に私が訪問した企業様のケースをいくつか紹介します。





■トップダウン経営なのに社長もNo.2も言っていることがその都度違う。


このケースはよくベンチャーなどで見られます。

トップダウン経営は悪いことではありません。

メリットもたくさんあります。


しかし、トップダウンだからこそ

社員に話す言葉の軸がブレてはいけません。


■入社後のギャップが大きい


このケースは人事をやったことのない経営陣が

採用に関して、大きく関わっている企業に多いです。


とある商品を販売している企業様のルート営業の募集でした。


面接の際に

「うちは顧客第一でクレームも少ないからお客様を預けるから、

 あとは好きにしていいよ」

と言っていたにも関わらず、預けるではなく、

ルート営業同士が既存のお客様を次々と訪問し

そのお客様を取り合うという企業様でした。


経営陣曰く、Aさんでは受注できなかったけど、

Bさんなら受注できるかもしれないといった理由でした。

初めて聞いたときは驚きました。


お客様からのクレームはないのか聞いてみると

それはどんな企業でもクレームは出るでしょという回答でした。


あとで営業の方に話を聞くとクレームで最も多かったことが

「サポートが何もない」「次々と訪問者が変わるのが嫌」

といった内容でした。


それはそうですよね。

前回話した内容をもう一度説明したり、

営業としても、次は自分が行くわけではないので

サポートしても意味がないと考えますよね。


正直私はこのような企業様からのお仕事は受けておりません。

理由としては、経営陣に問題がある場合は

体制を立て直すためには私が取締役として入社し、

ある程度の権限を持って対応しなければいけないためです。


もしあなたの会社で何かお困りのことがあれば

無料診断もさせていただいているので

info@asty-inc.comまでご連絡ください。

0回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン