変わらないために変わる

お世話になります。

アスティ総務の東です。


ここ1か月強の間で、たくさんの人が、日々の行動や生活パターンを大きく変えざるを得なくなりました。残念ながらそれによって、お仕事や財産を失われたりする方もいらっしゃいました。


世間では自粛の波が押し寄せ、それぞれの地域を丸ごと飲み込んでいきました。

学校は始まらず、商店街にはシャッターが下りて、多くの人が街から消えました。


この間に、世間ではたくさんの議論が交わされました。

その中で、あえて語弊を恐れずに私が率直に思うお話をすると、『本当の目的はなにか』という事です。


例えば、『自粛警察』なんて言葉が生まれるくらい、まるでお互いがお互いを監視をしあうような事を行ってしまう状況にも陥ってきていますが、決して自粛をする事自体が目的ではなく、人の密集を避けて感染リスクを減らすことが目的なので、『店を閉める』ことはその目的を達成するための手段になりうるとして、『経済活動を止める』ことを求められているわけではありません。


それに早くから気づいた方は、機転を利かせて配達を取り入れてみたり、グッズ販売の通販を取り入れてみたり、コンテンツの有料配信を取り入れたり、クラウドファンディングを取り入れたりしています。それぞれが『今できる事』を探した結果です。


感染リスクが終息する事が一番ですし、これを機に何かを出し抜こうなどと考えている人はよほどでないといないと思います。

ですので、このタイミングで新しい事業や行動にチャレンジし始めた人達を槍玉にあげて、その足を引っ張るような事は、お互いにとって損だなと思います。


さまざまな環境や情勢によって、時には変化を求められることもあります。おそらく今後も。 その時は、ぜひ『何のために変化するか』という事を考えていきたいです。


願わくば、自分の『核』を変えないために、適応していく変わり方をしたいものです。

0回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン