“応募が来る“求人原稿の作り方

有料求人広告を出しているのに応募が来ない企業様は多いと思います。

私もよくクライアントから求人原稿の作成依頼をされます。

そのときに私が気をつけている点をいくつかお話します。





「求職者にわかりやすく、一覧で伝わる文章を!」


例えば飲食店の募集をかけたとします。


【A原稿】

キャッチ:居酒屋のホール

職種:ホールスタッフ

給与:時給1000円

交通:「横浜」駅よりすぐ

時間:9:00〜21:00


【B原稿】

キャッチ:横浜駅直結!週1日〜、1日4h〜OK!海鮮居酒屋ホールスタッフ!

職種:ホールスタッフ!大学生活躍中!

給与:未経験の方でも時給1000円スタート!交通費支給!

交通:横浜駅直結★自転車通勤OK!

時間:「ランチ前の9時から11時まで」「学校終わりの17時から」

   など相談OK!あなたに合った働き方を応援!


いかがでしょうか?

わかりやすくなりますよね。


ただその項目に沿ったことだけを書くだけではなく、

付随した待遇など書いてあげるとわかりやすくなります。


「ありのまま採用」


未経験歓迎!誰でもOKのような原稿は

人気職種でない限り難しいでしょう。


なので、未経験OKにするのであれば

なぜ未経験でもいいのか。教育制度などを書きましょう。

あとはどういう経験があると望ましいのか。


どのようなことが好きな人であれば楽しく仕事ができるのか。

そしてこの仕事が辛いときはどういう時なのか。


そういったものを書くといいでしょう。

これだけ求人が多い現代で、入社後をイメージできないと

中々応募に踏み切ってくれないのが現状です。


また応募が来たとしても、面接に来なかったり、

すぐに辞めてしまう可能性がとても高いです。


もっとも求人原稿やプランによって書ける内容が

異なりますので一概には言えません。

ですがこの二点を、気をつけていただければ、

応募の質が変わると思います。


人事コンサル、採用に関してお困りの際はアスティまでご連絡ください。

info@asty-inc.com

0回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン