“飛び込み営業は効率が悪い“そんなこと思っていませんか?

今はITも進み、様々な手法で効率良く営業が可能になりました。

そんな現代でなぜ?と思う方もいらっしゃると思います。


違います。

そんな現代だからこそ、活きるものです。


以前代表の記事でも触れたように

私は元々某大手求人広告の営業として働いていました。


「1日に100件の飛び込み」


そんなのが当たり前でした。

当時は本当に嫌でしたが、今思うととても良い経験です。





求人に関して何も知識がない新人が飛び込み先で何を話せるのか。

それはその相手のことについて話すしかありません。


目に見えるものから情報を仕入れなきゃいけませんからね。

どんなオフィスなのか。その人の身につけているもの…


肌が少し焼けた跡がある方であれば

「海へ行く人なのか。もしくはゴルフが趣味なのか。

左手が焼けていないということはゴルフだ。」

などその場で話題をキャッチしていくしかありませんでした。


そういったものは今の人を見る目にも繋がっていると感じますし、

営業に必要なコミュニケーション能力も身につくと思います。


確かに飛び込み営業は効率が悪いです。

時間もかかりますし、肉体的にも精神的にも辛いです。


しかし、テレアポなどで効率良く営業している会社に比べると

飛び込みは1件1件に意味があります。


顔と顔を合わせて、名刺や販促品を置いてこれる。

だから覚えられやすいです。

飛び込んだ数年後に電話がかかってくることもありました。


テレアポもとても効率が良いですし、メリットも多いです。

しかし、飛び込みも捨てたものではありません。


お互いのメリット、デメリットを活かして

意味のある営業活動をしていきましょう。


営業コンサルや人事コンサルなどにご興味がある方がいましたら

info@asty-inc.comまでご連絡ください。

21回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン