新人営業の土台作り〜”量”は”質”を凌駕する〜

私が新卒で入社した会社には

「“量”は“質”を凌駕する」

「“継続”は力なり」

という呪文みたいな言葉がありました。



以前もお話した通り、飛び込みが主体の某求人広告会社です。

最近このように記事を書き始めてから

よく昔を振り返るようになりました。


自分が売れるまでのプロセスはなんだったのか、

どんな時に先輩に声をかけられたのか

など色々と思い出します。


そこで当たり前のように言われていた、

そして部下に言っていた言葉が今回の題材です。


「“量”は“質”を凌駕する」


新人は質を求めるな。量をこなせ。という意味です。

質を上げてから量をこなそうとすると難しいです。


仕事は慣れが生まれます。

慣れが生まれた後に量をこなすことは本当に難しいんです。

だからこそ量をこなせるのは新人時代だけなのです。


無理矢理でしたね。ほぼ強制的にやらされます。

でも日に100件飛び込んでいると、それが当たり前になります。

土台を作る上で量は大切だと気付かされました。


「“継続”は力なり」


これも「”量”は”質”を凌駕する」と同じにはなるのですが、

どんなに意味のないと思われることでも継続すれば何かを学べる。

そう言われてきました。

実際に私も新人時代にこの“継続”をすることにより大手の会社との取引ができました。


そろそろ渋谷駅などのターミナル駅で不動産売買の企業様の

新卒入社の方が名刺交換をするために外に出てきますね。

あれを見ると、そんな時期だよなぁとしみじみ思います。

11回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン