WEBを活用するうえで絶対必要な動画マーケティングPart1

動画マーケティングとは

現在のWEBマーケティングで支流になりつつある動画マーケティングとはどのような効果があるのでしょうか。


・初めに、動画マーケティングの背景

2011年頃にYouTubeをはじめとした動画広告が始まります。 動画広告は新しい広告形式であり、映像、音、文字によるブランドイメージやサービスを視聴者に訴求することができます。TVCMとは異なり視聴者は観たい動画を観ている為、クリエイティブな表現力が重要になってきます。

インフラが伴い2013年頃、本格的に動画広告が普及する。動画元年と言われた時代もすぎ発展途上ともいえる領域に現在きています。



テレビとインターネット動画の使用比率

29歳以下世帯主の場合、そもそもテレビを持っていない人が2014年9.4%、2015年15.3%、2017年20%と近年増え続けてきています。テレビを持たない人の理由としては、テレビだと観たい時に観ることができないなどがあり、この理由がインターネット動画の平均利用時間をあげている要因になっているようです。


また、29歳以下の場合、テレビを3時間以上視聴する方の割合が23%、逆にテレビの視聴時間が1時間未満の割合が28%とテレビ視聴1時間未満の割合が上回っています。50代においても週1回のインターネット動画を視聴している割合は48%と幅広い年代でインターネット動画が視聴されていることが分かります。


TVCMではなくWEB配信される動画に力を入れていく必要はあるようです。

動画マーケティングにご興味のある方はお気軽にアスティまでお問合せ下さい。

info@asty-inc.com

13回の閲覧

© 2018 by ASTY INC.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン